ホーム>Aqua Bankの特徴

Aqua Bankの特徴

水質7つの特徴

水素水!

0.2~0.6ppmの溶存水素。(使用状況で濃度は変化します)

水素水のお湯!

常時約85度の溶存水素のお湯が出ます。

ミネラル成分が豊富!

自然素材のホタテから抽出したミネラル成分のカルシウムを豊富に含んでいます。

アルカリイオン水

アルカリ性軟水。

テラヘルツ鉱石の紅葉

毎秒1兆回の振動数のテラヘルツ帯域の電磁波を照射すると言われているテラ鉱石で水を活性化。

高い抗菌性性能

ホタテカルシウムの持つ生菌対抗性と銀添加の活性炭を使用することで高い抗菌性能を保っています。

 
 
 
 

仕組み・システム8つの特徴

注文の必要なし

水タンクの予備が不要。在庫の心配は要りません。

配達無し

受け取りの手間が不要。

ボトルを交換する必要なし

ピッチャーで水道水を注ぐだけ。

ボトルの置き場所は不要

予備タンクや空タンクの保管場所は不要。

利用料金を気にすることもない

レンタル定額制だから使い放題。飲料用はもちろん、料理や炊飯、うがい、歯磨き、洗顔など生活のあらゆるシーンで値段を気にせず利用できます。

ゴミは出ない

ECO。

どこにでも簡単設置

配管工事等が不要。

メンテナンス代も不要

月々のレンタル代に含まれています。

サーバー5つの特徴

清潔感のあるデザイン

高級感のあるブラックを基調にしたBlack&Silverでスリム型設計。底面積は従来型に比べて10%以上低減。

チャイルドロック

大人には使いやすいツマミ式のチャイルドロック搭載。

電気代を大幅に節約

月額使用料金は1,000円前後!
※ご使用状況によって前後します。

静音設計

コンプレッサー、周辺部品を静音タイプに!

ボトル交換不要

水道水を使用するため、重たいボトルの交換も不要!

 

溶存水素量について

20151217109.jpg

アクアバンクには、他のウォーターサーバーやミネラルウォーターと違い、多くの水素が含まれています。そのことは第三者機関により証明されています。ここでは、第三者機関により行ったエビデンスの結果をご紹介します。

溶存水素を計測する上での問題点として、以下の3点があります。

①水素水の定義がJIS規格に無い。
②溶存水素の測定方法がJIS規格に規定されていない。
③既存の水素計は酸化還元電位を基準に算出しているので、水素水としての水素溶存量が適切に表示しているかどうかは不明。

そこで、溶液を真空化に置き、沸点降下により気層部分をガスクロマトグラフィーにかけて分析しました。工業用排水等の溶存成分分析技術を適用しました。一般溶存水素計との比較測定値も参考のため掲載しましたが、誤差があまりにも大きいことがわかります。
溶液中にはカルシウム等の金属原子に吸蔵されている水素原子状態のもの(H+、H-)が存在しますが、活性化された水素原子自体が半減期が0.3秒と短いことから室温状態においては水素分子としてのみ溶存していると定義します。

 

お申し込みはこちらから

2015121717147.jpg

ページ上部へ